和風の住宅を建てるためにまず必要なもの

和風住宅は古くから引き継がれて来た伝統的な工法で洋風住宅とは似ているところもありますが違った面も多く持ちます。エコの面からは夏を旨とすべしと言われて来ましたが、地域によっては採光や風通しだけでなく気候温暖化に伴う気密・断熱性能も要求されるようになって来ています。まず畳の上で生活するために靴脱ぎ場所としての玄関があります。和室はふすまや障子で田の字に仕切られたり床の間や書院、続きの部屋の上部には欄間が設けられたり広縁を介して建具を寄せると庭を通しての景色も眺められます。そして軒の出は深く、秋口の夕日もさえぎってくれ、障子は明り取りや光の量の調整も行ってくれます。親類の人などが集まる際には建具を取り外すことで1つの大きな部屋にもすることができ融通性も備えています。

本来和風とは過去にどういう要素を必要としたのか

和風住宅を建てる際には古民家や数寄屋といった建て方があります。生活様式も机や椅子を使い出してからは生活様式も洋式化して来ましたから洋風の要素も入って来るのは仕方のないものです。洋風建築は構造用合板とかプラスターボード、断熱材といった水を使わない工法に変わって来ています。古くは天然の木材を使い、漆喰や珪藻土などの自然な素材を使ったりして健康にも害のない室内環境が作られて来たものでこういう要素が本来は必要なものです。西洋にはない茶の湯も楽しめることから茶室を設けられることもしばしばあります。ものをしまうには押し入れという収納部分を作って上段と下段に分けて寝具などを収納できる作りになっていました。古民家などでは釘類は使わず継手の組み合わせで構造を固めて来ましたし、大黒柱といった特別の柱を設けたり木舞や筋交い、火打ち、方丈などによって耐震性が確保されて来ました。

現代においては多くの要素が変遷して来ています

和風住宅を建てる場合には地震や台風、積雪などの自然災害を過去に多く経験して来て、そのたびに耐震基準の改正や施工の法改正も行われて来ました。そして木製建具はアルミサッシや樹脂サッシに変わったり、複層ガラスや2重サッシが用いられるようになりました。土壁よりは石膏ボードなどが用いられ耐火性が要求されたり、床下や壁、天井裏や小屋裏には断熱材が充填されるようになり省エネ性が重視されるようになりました。高気密・高断熱性を確保すると湿気がこもりカビなども発生するために外断熱工法がとられ、上下方向に通気のスペースが設けられるような対策もとられるようになって来ました。洋室の増加やインテリアの考え方から家具調度品の種類も変わり、照明器具の種類も省エネタイプのものに変わりつつあり、こういう中でデザインを考えて行く時代になっています。