和風の住宅を建てることの魅力について

住まい建築する場合には、高いお金がかかりますので、充分に満足する家を建築したいものです。注文住宅を建築するには実に様々な形があります。昔はほとんどが和風の建物しかなく、洋服の建物というのは一部の地域だけでした。ですが、時間の経過とともに様々な建物が日本に入ってきました。特に洋風の住宅は、デザイン性の良さなどからかなり広まってきました。現在では、日本の建物の多くは洋風になっています。室内について見ていると、室内はフローリングの部屋が多く、和室はほとんどありません。部屋が4つある場合でも、和室が1つあればいいだけで、とりあえず和室の部屋を作っただけです。なぜこのような傾向になったかと言えば、お金がかからないからです。ですが最近は和室の良さも見直されています。

和風の建物の魅力とはいったい何か

京都など歴史的な景観を残す地域では和服の建物が多いですが、これは法律により規制されているため、和の建物しか立てることができない地域なのです。特に有名なお寺や神社の周りは、観光客が多いことから、そのように制限されており、屋根瓦や壁の色まで指定されてしまいます。ですが、一定の制限はあるものの、やはり美しい建物と言うことができるでしょう。全体的には、和風の建物は少ないですが、魅力があるとすればやはり日本で昔から利用されていた自然にぴったりの作りではないでしょうか。例えばふすま1つでも様々な役割があります。ふすまと言うと木のドアに比べるとお金が高いイメージがありますが、色鮮やかで、とてもデザインが優れていることが多いのです。それを見ているだけで非常に落ち着くでしょう。

日本住宅のそれぞれの役割について

日本の住宅の良いところは、襖だけではありません。障子も非常に重要な役割をしています。障子は、子供がいると破れやすいので敬遠されがちですが、外からの光を通すだけでなく、同時に熱をシャットダウンするため日本の建物には欠かせないものでした。また軒下がある建物も、光を部屋の中に入れて、空気を送り込むと言う役割があります。しかも直射日光を入れることがないため、夏の暑さをしのぐことができるのです。屋根瓦についてはどうでしょうか。確かに洋風の建物のスレートなどに比べるとお金はかかりますが、非常に頑丈なものため、定期的に交換する必要はありません。下手をすればその建物を解体するまで交換しなくても良い場合があります。地震のときには不利と言われていますが、下に落ちる仕組みにすれば耐震性の問題もないでしょう。

おしゃれなデザイナーハウスなら、ポウハウスにお任せください。 埼玉・千葉・東京の住宅展示場にて、モデルハウスもご用意しています。 スタッフの日常やお客様宅をご紹介しているブログも公開しています。 ポウハウスには、住宅設計の専門家のデザイナーが揃っています。60年以降も有償で、毎年10年毎の定期点検も行っています。 展示場見学の予約も、専用フォームより随時受け付けております。 和風住宅で日本の「和」を感じよう